(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 9

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちら:(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 8

 

○19/MAR/2018○

いよいよ本格的な撮影は今日で最後。

気を引き締めて6時半出発。
まだ曇り空。

7時、ライオン雄3頭、雌3頭が、寝ている。
しかし、しっかりヌーの成獣を捕らえている。

少し待っていると、雄がやって来て食べ始めた。
30分程食べていたが、辺りが明るくなってきたのと同時に、木の下に獲物を運んで行く。

4_雄ライオンの朝食
雄ライオンの朝食

そしてまたブッシュの中に消えて行った。

私達もこの場所を後にして、草原の方にヌーの群れを探しに行くことにする。

ところが、すぐに1台の車が、何も居ない草の中をじっと見つめている。

幸い知人のドライバーだったので、「何か居るのか?」とたずねると、
返ってきた答えは「simba mangoo」と言う。

それはまさにスワヒリ語で「カラカル」のこと。

とにかく草の中に居る、時折草が揺れ動くので居るのは間違いない。

なおかつ、トムソンガゼルが捕えられている。
こんな大きな獲物を手放す筈はない。

必ず草の中から出て来ると確信して待つことにする。

周りにはジャッカル、ハゲワシ達が約50羽程居る。

でも、誰も獲物の近くには行かない。ただ見てるだけ……

 

1時間位して、ジャッカル、ハゲワシもどこかへ行ってしまった。

この瞬間を待っていた、遂にカラカル登場!

5_カラカル登場
カラカル登場!

初めて見たカラカルに、興奮しながらシャッターを切る。

5分程でまた草の中に隠れてしまうが、とにかく待つ。

1時間程して出てきたが、それから15時までずっと出てこない。

出て来るのは夕方かなぁと思い、他を探しに行くが、何も居ない。

 

17時、カラカルの場所に戻ると、ジャッカルが獲物のトムソンに近付いて行く。

これは出て来る、と確信して待っていると、出てきた。

そして獲物のトムソンガゼルを食べ始めた。

6_トムソンガゼルを食べる
トムソンガゼルを食べる

10分程で食べ終えて、また草の中に帰って行った。

私達も、明日の帰る準備をしなければなので、キャンプサイトに戻る。

(つづく)  

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close