(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 1

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)

○11 / Mar / 2018○

朝8時アルーシャの街を出発し、自分の一番愛する場所ンドウッを目指す。

見慣れた景色を眺めながらグレートリフトバレーを越え、ンゴロンゴロのゲートに12時到着。

手続きを済ませ、更にンゴロンゴロの山を越えセレンゲティに向かう道をひたすら走る事3時間、ンゴロンゴロとセレンゲティの境界に到着。

map_ndutu.png
ンドウッ:タンザニア北部、セレンゲティとンゴロンゴロの境界付近に位置する(赤いピン)

ここを左に曲がれば、懐かしい自分の第二の故郷ンドウッが待っている。

いっきに気持ちが高ぶって来た。日本に居る間、毎日ンドウッの事を忘れた日はなかった。

やっと、やっと帰って来た、又彼ら野生動物達に会えると思うと嬉しさが込み上げてくる!!!

道を曲がると今までの道とはうって変わり、数日前に降った雨で、道は泥でグチャグチャ。

すぐにハイエナ2頭がシマウマを捕らえた場面に遭遇。お食事中だ。

 

1_シマウマを捕食するハイエナ.png
シマウマを捕食するハイエナ

 

30分程撮影してキャンプサイトを目指す。17時、キャンプサイトに到着。車から全ての荷物を降ろして、自分とドライバーとコックの3人で設営に取り掛かる。

2時間程度で全て設営終了。冷たい風が吹いて来て、雨が降り出して来た。

夕食を済ませテントの中で、ハイエナとライオンの声を聞きつつビールを一本飲みながら眠りにつく。

(つづく)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close