(本人直筆)2018 東京 オオタカ繁殖撮影日記 6

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちらから:(本人直筆)2018東京オオタカ繁殖 撮影日記 5

 

● Part⑥  5月 抱卵~孵化 思いもよらぬ出来事 ●

 

オオタカは、いったい何時頃から動きだすのだろうか?

ふと疑問に思い、薄暗い闇の中を出掛けて行く。

陽が昇る前、軽くお互いが鳴き交わすと、
巣からメスが出てきた。

その瞬間、オスは入れ替わりで巣に入って行く。

まさに阿吽の呼吸だ。

スライド5
月に照らされて (PENTAX K-3/ DA★300mm)

 

少しの間ゆっくり羽づくろいをして、
メスはまた巣に戻って行った。

そしてオスはまた狩りに出掛けていく。

メスが卵を抱いている間、
オスは1日数回狩りに出掛けては、獲物を持って帰ってきているようだ。

スライド6
獲物を持って帰って来た (PENTAX K-3/ DA★300mm)

 

先月末から気になっていた事がある。

最近、このオオタカの営巣地の近辺で、
ツミが複数で飛び廻っているのをよく見かける。

まさかとは思うが….

後日そのまさかが起きる。

 

 

かぼそい声で鳴くツミのメスに、
オスがやって来て獲物を渡す。

食べ終えた後オスが、メスに乗りかかった!

スライド7
ツミの交尾 (PENTAX K-3/ DA★300mm)

 

そしてメスは、カラスが以前使用していた巣に入って行く….

営巣だ。

と同時に、私の頭の中に不安がよぎる….

この場所はオオタカの巣から約200m程。

捕食者同士が、こんな近くに巣を構えている。

その先の結末はどうなるのだろう?

 

一番辛いパターンにならなければ良いなぁ、
と思いながら5月も半ば過ぎ、

どうやらオオタカは孵化したようだ。

こちらは、とりあえず一安心。

 

(つづく) 

******************************************

●オリジナルポストカード、限定パネル作品! 販売中 です。
(画像をクリック↓)

IMG_6350

オンライン ストアもぜひご覧ください。

(NEW)  新しく  メルカリ 、 Creema も始めました!こちらでも販売中です。

 

 

●2019年春 キャンプ・サファリツアーもまだ空席ございます!

Screen Shot 2018-08-18 at 16.49.40

ツアー参加者 受付中!

 

 

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close