(本人直筆)2019年「ツミ繫殖日記」中編

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちらから!:(本人直筆)2019年「ツミ繫殖日記」前編

 

● 抱卵~孵化 

メスの抱卵を確認したことにより、早朝だけの撮影が始まった。

夜が明ける前に自宅を出て、
自分の朝食の時間には自宅に戻るというスケジュール。

だいたいその間だけで、オスは1~3度は餌を運んでくる。

オスは、狩りに出て獲物を持って帰ってくると、
毎回決まった枝に止まって、メスを呼ぶ。

 

持って帰ってきた (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

そしてメスはその声を聞いて、巣から出て来て餌を頂く。

6
オスは餌を渡した後はすぐに飛び去る (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

 

メスの食事 (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

メスが食べている間は、オスが代わりに巣で卵を抱く。
それを繰り返す。

 

ここのオス、食事を終えたメスが巣に戻り、
また卵抱き始めたって時に、次の餌を持ってくることも。

そういう場合、メスは出てこず、
オスは餌をそのままにして、近くで見張っていた。

また、このメスは食後には必ず巣材となる枝や葉を持ち帰ってくる特徴があった。

巣材を運ぶ (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

雨の日も、風の強い日も、
獲物を持って来るオスと、卵を温めるメス…

カラスが近づいて来れば、お互いが協力して追い払い、
時には「バチッ!!」と体当たりすることもあった。

新たな命を残す為に、
ひたむきに生きる強さに感服するばかりだった…

時には葉付きの枝も運ぶ (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

6月8日。いつものようにメスが餌を受け取る。
食べると思ったら、巣に運んで飛んで行く…

そして餌をちぎり与えている、、

 

孵化したようだ!

雛はまだ小さいので見えることはないが、まずは一安心。

 

 

その2週間後。
ようやく元気な姿を見せてくれた。

 

4羽の雛がいるようだ (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

 

6月28日。夕方ちらっと見に行くと、元気に4羽が羽をバタつかせていた。

 

餌をもらう (PENTAX K-3/DA★300mmF4)

 

孵化から約20日。

もうちょっとで巣立ちだなぁ、と思い帰路につく。

 

(つづく)

******************************************

誰かの、あなたの、日常にアートを…  金子裕昭の作品を  お届けします*

 

 プリント販売  ●

写真作品のプリント販売を開始致します🌼
ブログをはじめホームページに掲載されている全ての写真作品が対象です😃

少し小さく飾りやすいA4サイズのプリントです。[ A4プリント:1万円 (税込) ]
(大きいサイズご希望の方は、パネルでの販売も可能です。価格はお問い合わせ下さい)

お好きな作品を、ぜひご自宅に、プレゼントにいかがですか。
サイズ等、まずはぜひお気軽に コンタクト   からご連絡ください 🍀

360

 

 

  オリジナル スマートフォン ケース ●

ご希望の「作品」または「動物」 をコンタクトからお知らせ下さいませ。
縦長のケースに、作品が収まるようにデザイン構成致します。
お客様にメールで試作デザインをご確認頂いてから発送致します。[ 3500円 (税込)〜 ]

こちらもぜひ お気軽に コンタクト   からご連絡ください 🍀
その際、スマートフォンの機種(例えば iPhone7, XperiaA4, AQUOS R, Galaxy S4…等)をお知らせ下さい。

 

 

 

 

  野鳥 & アフリカ サファリ   オリジナルポストカード ●

お手紙だけでなく、デスク横に飾ってみたり🕊
オンライン ストア   からポストカード 一覧をぜひご覧ください!

 

[  金子裕昭 オンライン ストア  ]

その他   Creema でも販売中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close