(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 タランギレにて 4

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちら:(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 タランギレにて 3

 

○2 / APR / 2018○

 

いよいよ今日で、今年のタンザニアでの撮影全てが終わる。

小雨が降りしきる中、空を見上げ、気を引き締め直す。

 

6時半出発、雨がしとしと降り続いている。

川沿いのエリアを探したいのだが、
道が随分悪く、入って行くことが出来ない。

諦めて良い道を選んで走って行く。

 

8時、遠く高い木の上にヒョウ。

これは流石に写真は無理。

少し見て移動。

探せど探せど、何も居ない。

 

こんな時は気持ちを切り替えて、鳥狙いでいく!!

手始めにまずはクラハシコウ。
増水した川で獲物を探している

e382b9e383a9e382a4e38388e382994.png
クラハシコウ  (PENTAX K-3/DA★300mm)

 

だけど、こちらの方も苦戦のようで、なかなか獲物が捕まらない。

木の上に何かやってきた。

サンショクウミワシだ!!

ここへやって来たと言うことは、間違いなく狩りをする為だろう。

 

e382b9e383a9e382a4e38388e382995.png
サンショクウミワシ  (PENTAX K-3/DA★300mm)

 

何度か魚を狙って、川に突っ込むものの、
しかしまぁ、こちらも悪戦苦闘中。

ふと見ると近い所に、ライラックニシブッポウソウ。

 

e382b9e383a9e382a4e38388e382996-e1535163236746.png
ライラックニシブッポウソウ  (PENTAX K-3/DA★300mm)

 

小雨の中のライラックを夢中で撮って、

さあ、そろそろキャンプサイトに戻らねば。

 

13時、昼食をとり、食後一斉に皆で帰り支度。

14時半、アルーシャの街にむけ出発、
16時半到着。

世話になったスタッフ達と記念写真を撮り、お別れ。

スライド7
アサンテ サーナ (ありがとう)

 

これにて2018年タンザニア撮影日記はおしまいです。

ご愛読ありがとうございました。

 

次回からは、東京に暮らすオオタカの撮影日記の連載予定です。

今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

 

(つづく)  

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close