(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 8

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちら:(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 7

 

○18/MAR/2018○

4時40分起床。

昨日の夕食から降り出した雨は、先程まで降り続いていた。
勿論、夕食中は虫がたくさん飛び交い、多分何匹かは私も食べてしまっている。

風も相当強かった様で、テントのペグも数本飛ばされていたので、
修理をして6時45分出発。

道は水浸しで、まるで田んぼ状態。

8時半、チーター母親と2頭の子供達。
とは言っても、子供達は既に生後1年位だろうか?

獲物を探しているようで、どんどん歩いて行く。
私達も後を追う。

 

10時。チーターの視線の先に、シマウマの親子。
少し間を置いて走り出し、シマウマの子供を狙ったが、失敗。

それから2時間が過ぎ、今度はグランツガゼルがやってきた。

これは難しいだろうと思っていると、
ゆっくり忍び寄り、走り出してすぐ、あっという間に捕らえてしまった。

1_グランツガゼルを捕らえた
グランツガゼルを捕らえた

30分程で食べ尽くしたところで、
1頭の迷子のヌーが、くつろぐチーター親子から約20m位の所を通り過ぎて行く。

チーターの子供はそれをじっと見ている……..

約100m程離れて行った所で、子供が忍び足で近付いて行き、

距離の詰まった所で追いかけ始めた。

気付いたヌーの子は、本能に任せて、逃げる、逃げる。

そして私達の車に向かって走って来る。

なんと、目の前で捕らえた!

“捕らえた!” チーターの子供

静かな草原に、ヌーの子の断末魔の嘶きだけが響く……

 

チーターの子は、獲物を咥えて母親の所に持って行く。

「お母さん捕まえたよ」と言っている様だ。

この子供達も、そろそろ独り立ちの時がやって来たのだろう

3_お母さん捕まえたよ!
お母さん捕まえたよ

 

 

夕方キャンプサイトに戻ると、水が尽きてしまった事が判明。

丁度雨が降り出したので、慌てて水の確保。

この雨水が、私達の命の水になるのだ。

(つづく)  

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close