(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 3

(※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちら:(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 2 

 

○13 / Mar / 2018○

 

随分近い所でライオンの唸り声が聞こえ目が覚めた。

しかも、あちこちから聞こえているので複数居る様だ。

ついでに自分達のトイレの場所にハイエナも来ている、嫌な予感がする…
曇り空の中、6時半、川沿いの道を、探しに出掛ける。

ライオンの雌が歩いている。
ゆっくり後をついていくと、辺りを見回してブッシュの中に入っていく。

ブッシュの中には、まだ産まれて間もない4匹の子ども達。

あまり見ていると、母親が落ち着かないので、ここを後にする。

 

12時、湿地にヌーの群れが来ている、ヌーの群れを見ながら昼食。

chakula.png

 

空が暗くなってきた、来た道を戻りだす。

16時、ライオン雄2頭。

雨が降り出し、だんだん強くなり雷まで鳴り出した。

そして川は満水し、道も田んぼ状態。
他の観光客を乗せた車は次々にスタック(泥にはまって車が抜け出せない)。

はまりそうにないポジションに車を停めて、大雨の中のライオンを無我夢中で撮る。

3_雨をやり過ごすライオン
雨をやり過ごす雄ライオン

 

 

18時半、ゆっくりとキャンプサイトに戻る。

予想通りテントはヨレヨレ、ペグも風で数本飛ばされ早速修理。

 

(つづく)

 

******************************

* 最終ご案内!! [6/9(土)ランチ・トークショー ] 開催(お申し込み  6/6 (水) 15:00まで )。
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close