(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 7

※本記事は金子裕昭直筆の撮影日記です。)
前回の撮影日記はこちら:(本人直筆)2018タンザニア撮影日記 ンドウッにて 6

 

○17/MAR/2018○

4時半起床。
どうも目覚めが良くない…..

撮影7日目にして少し疲れが出てきた様だ。

6時半出発。今日もどんより曇り空。

昨日のチーター家族を探し、車を走らせること20分。
すぐに見つかった。

遠い草原の果てにトムソンガゼル。
昨日も食べていないから、相当お腹が空いているはずなので、ちょっと様子を見てみる。

9時、太陽が出てきた。
まだチーターに動きは無い。

 

11時、一旦この場所を後にして他を探しに行く。

草原に、ヌーの群れが、セレンゲティ方面からどんどん集まって来ている。

ここ数日に降った雨で、新しい草が芽吹き出していて、
静かな草原に、ヌーの嘶きだけが響き渡る。

ヌーの群れを見ながら昼食。

4_e3838ce383bc-e1529219904556.png
草原のヌー

 

14時、朝のチーターに戻ると、ヌーの子供を捕らえている。
多分少し前の出来事だろう。

すぐに食べ始めた。しかも遮るものは何も無い緑のじゅうたんの上で….

自分の経験上こんな場面は始めてだ。

通常だと必ず木の下なり、草の中なり他の肉食獣に見付からない場所で食べる事が多い。

1時間弱で全て食べ尽くして、チーター家族はまた移動して行った。

5_チーター家族食事
チーター家族食事

 

 

そして私達も湖の方面に向かう。

やはりヌーの群れがあちらこちらで見られる。

夕日をバックに駆け抜けるヌーの群れを撮影して今日は終了。

6_お家に帰ろう
夕方ヌーが駆けて来る

19時半、夕食。
食べ始めたら雷がなり出し、大雨がやってきた。  

(つづく)  

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close